2013年02月

上大崎のマンションで床暖房

今日は床暖房のパネル敷設を行ってきました

  ヒートポンプ式の温水床暖房です

    ランニングコストを考えますとお勧めです

古川邸 床暖

 

 

 

 

 

 

 

 

30㎡チョットのお部屋ですが

  なんでも有りの多機能ルームです

    手前と奥の2分割で温められます

写真をみてなんか開放的すぎると思いませんか?

  そうです、サッシを撤去してしまったのです

   サッシの枠がないってこんなにスッキリなんですね

 

 

実はカバー工法にて2枚の引違いサッシにしました

  2月2日の写真と見比べてみてください

    元々は1/3がFix窓でしたのでずいぶん解放的になりました

古川邸 サッシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガラスは断熱性能を上げる為、真空複層ガラスのスペーシアにしました

  サッシが大きくなり、複層ガラスなので一枚で30kgにもなってしまいました

    エレベーターにもギリギリ積めてよかった

 

 

 

 

深川住宅のマンションリフォーム 解体後

解体工事は昨日1日で終わりました

  満足いく解体ができ安心しました

平柳邸 解体後1

 

 

 

 

 

 

 

 

元々は瞬間湯沸かし器でしたので

  今回は給湯器を設置し給湯管を床下を通してキッチンまで持ってきます

 

 

平柳邸 解体後2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユニットバスを解体した後なんですが

  なんと排水管まわりのコンクリートが大きく穴が空いたままの状態でした

    穴からは下の階の天井裏が見えます

      恐らく大規模修繕で配管更新をした際の忘れものなのでしょう

 

 

平柳邸 解体後3

 

 

 

 

 

 

 

 

床の状態は上大崎の現場よりず~っとよい状態でした

  高低差も僅かで床が組みやすい

 

ただ、この壁に貼ってある仕上げ材が問題だ

  麻袋のようなものでボソボソして綺麗に剥がれません

 

 

 

深川住宅でマンションリフォーム始めました

上大崎の現場が始まったばかりというのに

  今日から江東区の深川でも中古マンション購入に伴う

     入居前マンションリフォームを始めました

去年の8月に現地調査にお伺いし

  半年後からの工事開始です

 

半年前はまだ前の持ち主の方が住まわれており

  たくさんの荷物のなかでの見学でした

    同業他社の方も同時訪問でやりにくかったですね

 

当時の様子

平柳邸 現調1平柳邸2

 

 

 

 

 

平柳邸4

平柳邸5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今日の解体の様子です

平柳邸 解体1平柳邸 解体2

平柳邸 解体3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの工事は部分的な改造が多く

  正直、大変手間のかかるリフォームになります

 

既存を残して部分的な改造は安くなると思っていらっしゃるかも知れませんが

  実は仕事はやりにくく手間がかかりますので、材料費はかからなくても

    工賃が高くなってしまいます

 

 

 

あるマンションにて

突然ですが

  これなんでしょうか?

古川邸 鉄筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです  鉄筋です

  構造上、とても大切な梁の鉄筋が見えています

    サッシの上にカーテンボックスが入らないのでコンクリートを削っちゃたんです

      それでも40年も無事に建っているんですから・・・

 

リフォーム工事に先立ち工事届を提出します

  その時に必ず言われるのが「躯体に手を加えてはいけません」

    共有部分に個人が手を加えるのはいけないという線引きは理解できます

 

しかし、構造的に問題があるからという理由で ビス1本打たせないのはどうかと思いますね

  見えないところで元々こういう重大な欠陥があるわけで

    ビス1本どころの話ではありません

      知らないって怖いですね

 

よく古いマンションで

  「ここは大手の〇〇建設が建てたからいい建物だって言われる」

    という話を耳にします

      でも、見えないところでコンクリートをガッツリ削っているってことありますよ

 

最近のマンションではありえませんが

  昔は仕上げに不都合なものは構造体でも削ってしまえという風潮があったようです

 

 

上大崎のマンションの住所は

今回、リフォーム工事を始めたこのマンション

  実は変わったマンションなのです

    それは住所

 

同じ棟内で1号室から〇号室までは品川区で

  それ以降は目黒区なのです

 

ですからマンションの廊下を歩いていると区が変わるのですよ!

 

因みに、リフォームをしているお部屋はというと・・・品川区です

  でも、マンションのエントランスは目黒区なので

    業者に部屋の住所を伝えても、辿りつけないという不便さ

 

飛び地というのは聞いたことありますが

  同じマンション内でこんな事があるとは

 

 

 

 

東五反田のリフォーム工事が完成

1月21日から始めたリフォーム工事が無事に終わりました

洗面脱衣室入口の引き戸への改造も上手くできました

(リビング入口の開いた扉と重なって分かりずらいですが・・・)

関邸 洗面引き戸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレの壁の出っ張りも無くなりスッキリしました

本来はこれが普通なんですが

関邸 トイレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応ユニットバスも

関邸 ユニットバス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで目黒の現場に集中できます

 

 

上大崎のマンションで解体工事

昨日と今日の2日間で解体工事を行いました

ん~ん

なるほど・・・

ん~ん

いろいろと出てきちゃいましたよ!

まず、部屋の中央に縦の配管・・・なんじゃこれ?

古川邸 解体

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンクリートスラブ(床)もガッタガタで

しかも、手前と中央で4cm以上も高低差があります!!

更に床に排水管用の穴が空いていて下のお宅の天井裏が見えます

古川邸 解体2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元下足入れの下から

旧セントラル給湯の残骸が・・・

古川邸 解体3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

管理会社の方、曰く ・・・

「使用していないから撤去しても構わないですが、

  過去に何社かのリフォーム会社が撤去を試みて

    下階に漏水事故を起こしていますから気を付けてください」

 

恐ろしい!

 

 

上大崎のマンション雅叙苑でリノベーション工事を始めます

これからここでスケルトンリフォームを始めます

裏には立派な岩庭や赤い橋などがある大変歴史のある大規模マンションです

雅叙苑 施工前キッチン雅叙苑 施工前玄関

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めてお問い合わせを頂いたのが去年の9月でした

色々と打ち合わせを重ねやっと今日から着工となりました

 

雅叙園 施工前和室 雅叙苑 施工前ユニットのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様の用途はセカンドハウスです

いざ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ

リフォームのご相談はこちらからお気軽に

03-5683-2161

03-5683-2162

お問い合わせ