2014年06月

新浦安のマンションでリフォーム工事 配管工事

2月10日(月)

 

床下などに通す給排水の配管や電気のコードの工事を行いました

手前の床が綺麗に仕上がっている部分は元々カーペットだったところ

奥のガタガタの部分は和室で畳だった部分です

床を木で組んでその上に畳を敷いていたので

リビングと和室の間に大きな床段差があったという事になります

今回のリフォームで玄関框の段差以外は、床の全てをフラットにします

 永田邸 床下配管.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々室内にあった給湯器を、このリフォームでバルコニーに設置することになりました

コンクリート躯体に穴を空けないように、既存のエアコン用穴を利用します

給湯器用の給水管・給湯管・追焚き管・ガス管・電気コードといろいろ必要です

水色のコードはLANケーブルです

 

 

永田邸 PS.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関外にあるPS内の水道メータから個人側(2次側)の配管を新しくしています

コンクリートではあるものの、穴を空けても構造的に支障のない壁ですが

ルールはルールという事で、床のモルタルを斫り既に空いている壁貫通穴を利用しました

 

 

 

 

浦和でカウンター下収納のオーダー家具

今日は、さいたま市浦和区の戸建に

カウンター下収納のオーダー家具を設置して来ました

張替邸 1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、言いたいところですが

奥の最上段の引出が窓の額縁に当たってしまって・・・

工場へ持ち帰り前板をカットして

夕方、無事に納めてきました

せっかく11時に取付が終わったのに

結局、一日仕事になってしまいました

それもこれも自分がうっかりしたからなのですが

でも、こんなミス初めてです

寄る年には勝てません・・・・・・

 

2014630154659.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中央以外は全て引出という珍しい形になりました

深い引出は思い出が沢山詰まったアルバムを収納できるようになっています

右下にお掃除ルンバが恥ずかしそうに顔を出しています

ルンバの秘密基地といったところでしょうか

 

 

 

新浦安のマンションでリフォーム工事 解体工事

2月4日(火)

 

今回の工事で、解体してみなければ分からないというポイントが2ヶ所あります

一つ目はユニットバスで

二つ目はトイレです

 

こちらのマンションは浴室・トイレ共にそれぞれコンクリートの壁で囲まれています

すなわち、移動も広さも変えられないということです

マンションの場合、基本的にコンクリートに手を加える事はできません

今回のコンクリートの壁は、実際には構造的になくても問題ない壁ですが

ルールはルールです

 

ユニットバス

せっかく新しくするのですから、出来るだけ大きくしたい

しかし、コンクリートで囲まれた壁の中に入るかどうか微妙な寸法

このマンションでは既存にピッタリサイズで造ってくれるメーカーを納めることが多いようですが

デザインがダサいという事で・・・イヤ・・・と

結局、解体してから出来型を測って決めましょう ということに

とりあえず、大騒音で浴室の床のモルタルを斫っています

近隣の方々、ご迷惑をおかけします お許しを!!

永田邸 斫り.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレ

せっかく新しくするのですから、便器はタンクレスにしたい

しかし、排水の縦管がトイレ内に露出していて、しかもかなり手前に立っています

従来通り、タンク付便器でしたら問題はないのですが・・・是非タンクレスにということで

結局、解体してから検討しましょう ということに

永田邸 トイレ解体.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解体は何とか明日で終わりそうです

 

新浦安のマンションでリフォーム工事(リノベーション) 開始

今日からしばらくの間ブログをちょっと変更します・・・・何を?かと申しますと

当時は工事が忙しくて、とてもリアルタイムでUP出来なかった過去の工事をご紹介していきます

映画 「タイタニック」 のように、当時を思い出しながら、リアルタイム風にお届け致します

 

 

2月3日(月)

 

今日から新浦安駅のすぐそばにあるマンションで、リフォーム工事が始まりました

今回のリフォームで高い付加価値をつけて

資産価値を上げるという意味ではリノベーションという言い方が今風かも知れません

 

いつもは、この辺りのリフォーム工事は千葉県に住み家がある相棒が担当するのですが

大型物件をいくつも抱えていてパンク寸前なので

暇な私が担当することにしました (この一行は冗談ですよ)

 

今回のお客様は、ご契約者様のお母様と、現在は別居中の娘さんのお二人が窓口です

ご主人は全くリフォームに興味は無いとの事です

ですので、ご主人のお部屋だけ既存のままというパターンになりました

 

今回のリフォーム工事は年度末の消費税増税を考慮し

3月までに工事を完成させようとお客様は早くから動いていたそうですが

とんだハプニングに見舞われ、急きょ暮れに弊社に問い合わせたということです

そのハプニングとは・・・・

打合せを進めていた業者がマンションへの出入り禁止になってしまったそうです

こちらのマンションでは頻繁に工事をしている業者さんらしいのですが

別の現場で手続きに不正が発覚してこのような処分に

 

この事態に増税までに間に合わないとお客様は焦った事でしょう

工事代金1,000万円で消費税が30万円も違いが出るのですから大きいですよね

 

 

てな感じで、着工日を迎えました

永田邸 解体1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

永田邸 解体2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日から丸々2か月間の工事になります

 

 

辰巳のマンションでクローゼットのオーダー家具(江東区)

新しいマンションの洋室の奥まった部分に

 オーダー家具でクローゼットを設置して来ました

狩野邸 クローゼット閉じ.JPG狩野邸 クローゼット開き.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダー家具ですから

 通常は上の梁いっぱいの高さまでの家具にするのですが

  こちらはなんと! 梁下に消火設備のスプリンクラーがあるではないですか!

   そんな訳で隙間を空けた次第です

    本当はもっと空間をとらないといけませんが

      お客様からしますと勘弁してよ・・・ってなりますね

 

 

塩浜のマンションでフローリング工事

江東区の塩浜にある中古マンションです

入居前にカーペットの床からフローリングに貼り替えるという工事です

こちらは何度か工事をさせてもらった事があるマンションで

敷地内に有料ですが駐車場も借りられ、管理会社の方たちも感じが良く作業しやすマンションです

コアスタジオ.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床はコンクリート直接でしたので

接着工法のフローリング貼りになりました

お部屋は1Fなので遮音フローリングを使う必要はないのですが

流通量の関係でL-45の方が安いので、こちらを採用しました

 

カーペットを剥がして (写真の状態)

フローリングを貼って

巾木を交換して

終了は13時でした

フローリングの数量もピッタリ3ケースで、殆ど残材が出ませんでした

 

完成後の写真撮るの忘れちゃいました

 

ページ上部へ

リフォームのご相談はこちらからお気軽に

03-5683-2161

03-5683-2162

お問い合わせ