東社長のブログ

新浦安のマンションでリフォーム工事 床工事

2月12日(水)

 

床の下に通す配管・配線が終わり

今日から床の下地組み工事が始まりました

永田邸 置床.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下のコンクリートのレベルが違います

仕上がりの床のレベルは平らにします

当然、脚の高さ(長さ)を変えて使い分けます

脚には立派なゴムがはめられていて、これがコンクリートへの音の伝わりを抑えます

 

この脚ですが、使う数量がなかなかピッタリきません

注文する方としてはピッタリ数で注文したい

しかし、足りないと作業が止まってしまう

どうするか? となると、どうしても多めに・・・・・という事になります

結局は殆ど使ってしまうのですが、計算が合わないとなんだか面白くない訳です

 

綺麗に均された床から、フローリング仕上げまで約10cm高くなります

その為、バルコニーに出るサッシの下端がピッタリ揃います

しかし、10cm床が上がるという事は、当然天井高さは低くなります

天井にはダウンライトを埋め込む為、下げなくてはいけない

ん~ん、悩みましてね、ここのところを

従来の天井高さから合計20cmも低くなるのですから

 

結局は天井高さ248cmとれるという事で計画どおりすすめますが

以前が高かったので出来てどう感じるか、というところです

現在でも250cmの天井高の新築マンションは沢山ありますから

問題はないと思います

 

 

ページ上部へ

リフォームのご相談はこちらからお気軽に

03-5683-2161

03-5683-2162

お問い合わせ