施工事例

大森のマンションで在来工法の浴室リフォーム

施工前

2010年施工
現在居住中の築30年以上のマンションで浴室・トイレ・洗面所の中古マンションリフォームです
浴室は在来工法のものをユニットバスにリフォームします
洗面入り口の段差を解消して手すりを設ける介護保険適用のリフォーム工事となります
水周りの防水層とその押さえモルタルやタイルを撤去する騒音を伴うマンションリフォーム工事です

施工後

コンクリートの壁で囲まれ限られたスペースでのプランで非常にデリケートな工事でした
躯体に埋められた配管は老朽化が著しく解体や配管作業には細心の注意を払いました
ユニットバスはオーダーで製作可能な最小サイズでもギリギリというきわどい工事になりました
各スペースは十分とはいえませんが以前と比べるととても快適になったと思います

問題点

老朽化のため解体時に上階からの排水管に腐食による穴が見つかり管理組合が共用部として修理しました
同様の事象が多くみられるそうで対応に追われているそうです

在来工法の浴室の解体工事はマンションリフォームの場合、かなりの難易度になります
技術的難易度ではなく防水層の押さえモルタルの撤去などは騒音と埃を伴いますので管理組合や近隣などへの事前の準備が必要になります

施工・リフォーム

実働日数14日   工事代金 ¥2,400,000

ページ上部へ

リフォームのご相談はこちらからお気軽に

03-5683-2161

03-5683-2162

お問い合わせ