東社長のブログ

晴海のタワーマンションでダウンライト工事

今日は市川の現場を抜け出して

有明コロシアムのお隣

大型ショッピングセンターが目の前

出来立てホヤホヤのマンションで

ダウンライト増設とコンセント増設工事をしてきました

 

去年、内覧会に同行させていただき

1月にご契約いただいたお客様です

マンションオリジナルの壁紙を使用していますので

その壁紙を確保するため、早めにご契約いただいております

 

施工前はこんな感じです

目の前にオリンピック会場がすでに出来上がっています

 

スイッチ部分はこんな感じでした

何本もの配線が壁の中に詰まっていそうでうまく新しい電線を通せるかな?

 

今回は既存の引掛けシーリングは残して

新規回路でダウンライトを8灯取付けました

天井裏に障害はなく簡単に位置が決まりました

スイッチ部分はこんな感じになりました

スイッチを3連に並べるスペースがありスッキリ納まりました

表面のフィルムは剥がしてあるので違うスイッチに見えますが・・・

配線も何とか通せてここの壁紙は補修なしで済みました

 

 

が、実は大変なことがあったんです

まず、既存のスイッチを取り出してみたら、

なんとなんと2本の配線コードの被覆が削られていて銅線がむき出し!

これは実にヤバイ! 火災の原因(絶縁テープを巻いておきました)

 

もう一つはスイッチの裏が洗面台なのですが

スイッチボックスが外せずに困っていると

ミラーユニットを固定するためのビスが裏からスイッチボックスを貫通していました

裏から固定されていたのです、危ない危ない

少しずれていたらショートしていました(短いビスに交換しておきました)

 

マンションですから上下同じ間取りです

きっと同じようになっていて

工事期間中にショートさせた部屋もあったんじゃないでしょうか?

 

試運転やら調整やら

今日は試運転

ガス・給湯器・床暖房・照明・水栓・建具など

下の写真は何かといいますと

ユニットバスの自動床そうじ機能のテストをしています

マニュアル広げてフムフム

水が噴き出しているかを確認していますが

ガラスが透明なのでよく見えます

 

このユニットバスはTOTOの新製品です

2月早々の出荷解禁でその翌日の設置でした

リフォームは1月着工だったので待っていたら間に合いません

スケルトンリフォームなのにリモデルタイプを採用しています

 

心配していた廊下の埋め込み照明もこの通り

明るさも丁度よく(写真では少々暗く感じますが)

ダウンライトを設置しなくて済みそうです

 

因みに左のドアがトイレ

右の引き戸が洗面脱衣室になります

トイレのドアのアクリル部分が

内部で照明をつけても光っているのが分かりません

これはメーカーがもう少し改良すべきですね

透け過ぎるとそれはそれで問題ですが・・・

 

家具や建具を取付け

いちおう付くものがつき

今日で住める状態になりました

年明けから始めて約2か月の工事

引き渡しまであと4日

 

玄関のシューズクローゼット

内部は可動棚だけのシンプルな構造です

フロートタイプとして照明を仕込んでいます

この照明を単独スイッチで付けているお宅が殆どだあとおみますが

いったいいつ点灯させるんでしょうか?

掃除の時くらいでしょうかね

私としては天井のダウンライトと同じ回路にして

人感センサーで同時点灯が良いと思います

使わなきゃお金かけて設置した意味がありませんから

 

パイプスペースとトイレとキッチンに囲まれたデッドスペースに

飾り棚を設置しました

背部に配線スペースを残しても60cmの奥行きになってしまいました

素敵な天然大理石のカウンターに見えますよね?

実は玄関の床に貼ったタイルの余りで作ったんです

厚さ1cmの大判タイル切って、角を削って厚みのある石に見せています

プロのタイル職人さんはこんな事は面倒だと言ってやってくれません

時間をかけて私が造った力作です!

 

計画の段階から小上がりが欲しいというご希望も

そこで 👉

引出しはキャスターを付けて出し入れできるようになっています

畳と同じサイズの引き出しが5個あります

左と中央の4個は同じサイズですので

夏と冬で引出しを入れ替えるだけで衣替え終了!

 

 

内装工事が完成

壁紙貼りの工事が終わりました

各部屋ごとと、さらに天井・壁で違う壁紙になってしまったので

貼り分けや積算がたいへんでした

おまけにそのほとんどが写真のようなリピート有の柄物

 

手の込んだ廊下の埋め込み照明もきれいに仕上がったようです

1枚だけアクリル板をはめてみました

サイズもピッタリで一安心です

 

あと気にしているのは2点

実際に点灯してみてどの程度の明るさになるのかと

壁にみっともない影が出来ないかになります

 

壁紙がホワイト系ですので結構な明るさになるという予想です

お客様からは

「暗かったら困るのでダウンライトも付けたい」と

計画中にご希望がありました

「天井にダウンライトを付けるのは後からでもできますから」と

とりあえず埋め込み照明だけで進めた手前、

予定通りいきますように・・・

ドキドキしています

でもなぁ、アクリル板を入れて少し暗くなりそうだし・・・

心配

 

新型コロナの影響もなく奇跡的にここまで順調に来たのに

ここでつまづきたくはありません

 

床暖房の温水パネルの設置

造作工事も順調に進んでいます

今日は床暖房の温水床パネルの敷設が終わりました

床の仕上げ材は大判のタイルになります

フローリング仕上げでしたらこの上に直接フローリングを貼りますが

タイル仕上げの場合はこの上に更に合板を貼ります

そのため 遮音床+合板+床暖房+合板+タイルの5層になってしまいます

 

緑のテープはここにビスや釘を打ってもいいところです

それ以外のところには温水が流れるチューブが通っています

チューブにビスで穴を空けると当然水が噴き出します

 

給湯器がサビている

今日、現場で気づいたことがあります

隣の比較的新しいタワーマンションの

バルコニーにある給湯器です

下部の配管カバーが異常に茶色くサビています

特に隔て板を挟んだ左側のお宅

潮風の影響? 

市川で? 

ん~なんでだろう

 

市川市のタワーマンションでスケルトンリフォーム開始

タワーマンションで解体工事を始めて4日目

写真のようになりました

ご覧のように玄関の位置や竪配管の関係で大胆な間取り変更は困難でしたが

お客様のご希望が全て新しくしたい

ということでほぼ全面解体となりました

 

タワーマンションの場合の多くは

解体そのものより、解体材の搬出の方が大変です

少し前のタワーマンションなので

低くて大きな梁が真ん中にあり残念ですね

ただお部屋からの見晴らしはよく駅近なので環境は最高です!

 

これから約2か月工事が続きます

作業自体や納まりがなかなか難しいリフォームですので

真面目に仕事しよう

 

 

シャンデリアが

いよいよ最終日を迎えました

照明をつけてクリーニングして

ハイお仕舞・・・のハズが・・・

電気屋さんが遅れている!

照明はシーリングライトやペンダントではありません

取付が大変なシャンデリア

しかも4台!

 

こうなったら自らやるしかない

と、始めたはいいけれど

一人でやるのはタイヘン

まず玄関ホールの小ぶりなシャンデリアからやってみるか

 

ガラス玉が数個連なったピースを1本ずつ引っ掛けていかなくてはなりません

一度にたくさん持てないので何度も脚立の昇り降り

完璧に明日は脚が上がらない

やっとできたのが40分後

まだあと3台!

次はリビング

設置にはなんと3時間!

電気屋さんが来たのは終了30分前

計画的に遅れたな・・・ということか?

 

この写真

床が白くなっているのはお気づきでしょうか

床暖房付きフローリングでしたので

床を替えるのは大変な工事になります

 

そこで白系に変えたいというご希望もあり

以前にも使用した床暖房対応の上貼り材を貼りました

これでクローゼットの撤去跡も隠せます

室内が一気に明るくなりました!

 

トイレの手洗い器の交換

今日はこのトイレの手洗い器の交換をしました

予算をかけたリノベーション物件ですからそれなりの手洗いですが

トイレの手洗い器としては少々大きめ

歯医者の洗面台みたいでイヤということで

これをもう少し小さいシンプルな手洗い器に交換します

ついでに室内のテイストに合わない木目の下部ユニットも変更します

 

他の業者が造ったものですから

何がどうなっているかの研究が必要です

その結果、ネットで安く手に入るアソコの製品と判明!

そうして手を加えた結果がコレ

予定通り完璧な出来上がり

結局下部ユニットは扉だけ交換して

天板を被せて、側板を付加えてしまいました

既存の改造は思ったほど簡単ではありません

再利用なので費用は抑えられるけど・・・

 

最初から造る方がよっぽど楽ですね

洗濯機置き場

購入されたこのお部屋は高級路線でリノベーションされています

洗濯機も外国製の大型ドラム式洗濯機を想定した造りになっています

しかし、お客様は普通の洗濯機がご希望です

その為、この状態では昔のアパートのように

コンクリートブロックに載せないと逆勾配になってしまいます。

配水管の下にトラップも無いようです

 

床のタイルを壊して埋め込もうかとも考えましたが

ここはシンプルに嵩上げタイプにしました

庶民的ですが許して下さい

床から随分と高くなってしまいましたが、

逆にドラム式なら深くかがまなくて済みそうです

 

ページ上部へ

リフォームのご相談はこちらからお気軽に

03-5683-2161

03-5683-2162

お問い合わせ