東社長のブログ

リフォーム中に上階から水漏れ発生

壁・天井の下地組が進み

ボードを貼りはじめた矢先

天井のコンクリートから水が漏れてきました

正に天井のボードを貼る直前でした

 

うそでしょ?

まずい、リフォーム工事の工程が狂う!

慌てて上階のお宅をたずねました

 

中学生くらいの少年が出てきましたので尋ねたところ

しばらくして戻ってきて「祖母が水をこぼしたかもしれない」と

よかった、直ぐに止まる

胸をなでおろして部屋に戻ると

水漏れが別の所からも発生していました

しかし、直に止まるハズ

帰りに念のためバケツを下に置いて今日の作業終了

 

 

そして翌日

予想は裏切られました

バケツが満杯になって溢れ出る直前でした

再び慌てて上階のお宅へ

 

すると今度は少年の母親が

なぜかドアホン越しに私を怒っているのです

どうやらリフォーム工事の影響で水漏れしたと思っているようです

 

とにかく漏れている水を止めなければなりませんから

元栓を閉め、床が濡れているキッチンへ

点検口を開けて裏を覗くと・・・

溜まっていました 漏れた水が

バケツと雑巾をお借りして狭い中に頭を突っ込み吸い出すこと30分

一応、溜り水はなくなりましたが、作業中もず~と どうも私に対して怒っているご様子

 

管理会社に対応していただき、夕方早々業者が来て直していました

原因は給湯管の腐食だったようで

業者と管理会社に説明されて納得したようでしたが・・・

 

もし、工事中でなかったら

もし、下に誰もいなかったら今頃水浸しで大事件になるところだったんです

給水給湯管からの漏水は知らないうちに始まります

その為、自分が悪い訳ではないと思ってしまうのも無理はありません

 

最近のマンションは樹脂管を使っているので腐食することはありませんが、

20年位前までは鉄管・銅管が主流でしたから注意が必要です

 

いま思うと、水漏れがリフォーム完成後じゃなくてよかった

 

 

 

ユニットバス・システムキッチン交換工事の予想外の物とは

昨日の解体で出てきた予想外のものとは・・・

キッチンの配管より先に伸びて畳の下にもぐりこんでいる配管です

 

今回の工事は築年数も経っていますので

配管の更新を行うのも目的の一つです

キッチンより先に伸ている部分も更新をするとなると

こうなっちゃうんです!

和室に押し込んでいた荷物を一旦出して

畳を上げてと

いきなり工期に影響しそうな作業が増えてしまいました

先に伸びている配管は庭の散水栓用の給水管でした

 

時間をとられましたが

予定したユニットバス・洗面台用の配管も少し出来ました

ペースを上げて予定通り終わらせないと・・・

 

ユニットバス・システムキッチン・間取り変更のリフォーム開始

世田谷区の弦巻でリフォーム工事を始めました

今回の工事は

ニットバスの交換

洗面化粧台の交換

キッチンの隣にある和室の押し入れを解体し

キッチンを広げます

もちろんシステムキッチンも新しくします

これらの工事個所とリビング・ダイニングのビニールクロスも貼り替えるという工事です

 

マンションができて35年になりますので

キッチン裏を覗いてみたら ご覧のとおり

今にも水が漏れだしそうな状態でしたので

専有部分の給水・給湯管、排水管の更新も行います

 

水回りのリフォームになりますので

工事期間は在宅というわけにはまいりません

荷物をできるだけ箱詰めにしていただき

移動しながらの作業になります

 

初日は既存のユニットバスやシステムキッチン・壁などの解体です

左が和室で壁にベニヤ板が残っている部分が押入れ

タイルが残っている部分がキッチン

右の手前が冷蔵庫置き場でした

1階なので床下収納庫があります

この床下収納庫の位置は変えられないのでプラン上、厄介でした

 

今回はリフォームを行わない和室に荷物を押し込み

ご覧の状態(これが全てではございません)

 

解体工事が上手くいくと

工事自体も上手くいくというジンクスがあります

もちろん今回の解体は計画通りできました

が・・・

しかし・・・

 

写真に予想外のものが・・・

 

 

豊島区の新築マンションでダウンライト工事

弊社お得意の 後付けダウンライト工事 をしてきました

豊島区 新築マンション 施工前.JPG

いつもはリビング・ダイニングだけ というのが多いのですが

今日はなんと、5部屋で合計27台もダウンライトを取り付けてきました

調光スイッチも5台です

 

シーリングコンセントは全て撤去し

照明は全てダウンライトに変更です

ダウンライト工事 でなにが大変かといいますと  「位置決め」 です

 

当然、天井内には見えない下地(骨組み)があり

そこの位置にダウンライトを取り付けようとしますと、下地をカットすることになってしまいます

そうなると、もう大変です

数年前まではコの字型の材料でしたが、最近は口の字型になっているためなかなか切れない

たとえ切ったとしても、補強も同じく大変です

 

という事で、基本は下地には手を付けない となる訳ですが

下地の位置を正確に見つけ出すには熟練の技が必要です

必ずしも天井のボードに下地がくっついている訳ではないので

マグネットや下地探しだけでは危険です

天井裏には下地材だけではなく

梁・ダクト・スプリンクラーホースなど障害が沢山あります

 

慎重に下地の位置を見つけだし、バランスよく配置していくのですが

そのためには、何度も脚立の昇降を繰り返すことになります

運動不足の私としては、恐怖のスクワット運動と同じ状態になる訳です

恐らく明日は太もも痛に襲われていることでしょう

 

苦労の結果こうなりました

豊島区 新築マンション 施工後.JPG

リビング・ダイニングはお部屋の形が変則でしたので

位置決めが特に大変でした

これだけ多くのダウンライトを変則的な形の部屋で

完璧に下地を避けるというのは 「神業」 と勝手に思っています

 

こちらは寝室です

豊島区 新築マンション 施工後2.JPG

お客様から事前に

ベッドがどうしても先に入ってしまうと言われておりました

ちゃんとブルーシートで養生しておいてくださり

気が引けつつもベッドに上がって作業させていただきました

しょうがないんですよ  

ベッドが巨大で移動するスペースが無いんですから

 

今回はシーリングコンセントの回路をダウンライト用に転用しましたので

ビニールクロスの補修・貼り替えはありませんでした

という事でこれでおしまいのワンデーリフォームです

 

正直、もう少し早く終わると思っていましたが

9時から始めて16時までかかってしまいました

昼に食べた現場近くの大勝軒のつけ麺 多すぎです

それで電気屋さんの午後の動きが鈍ったのが原因か?

 

 

2軒のダウンライト取り付け工事

今日は2軒のお宅でダウンライト工事をしてきました

1軒目は六本木のタワーマンションでした

リビングの壁に大きな額に入った写真が掛けられていて

そこを照らすようにダウンライト型のスポットライト(ユニバーサルダウンライト)が設置されていました

1台のダウンライトでは額の大きさに対して配光が悪いという事で

3連のフレーム型ダウンライトに交換いたしました

斜めの赤く燃えるような雲に光をあわせて

本当に燃えているかのようになりました

 

都心の高級タワーマンションにもかかわらず

地下に車を止めさせてくれ大変助かりましたが

我々の入館の手続きやら資材搬入の時間の方が

作業時間より長かった印象があります

コンシェルジュの方も冷たい印象・・・

 

そして2軒目のダウンライト取り付け工事

今度は豊洲のタワーマンションでした

こちらのタワーマンションは少し歴史のあるタワマンの先駆けです

オートロックも2か所でエントランスからの入場OK!

受付もゆる~い感じで、車も空いている敷地内に止めてOK!

 

作業も至って簡単

現在のスポットライトのみでは暗いということで

ダウンライト取り付けを希望されていました

どう見ても奥の方は暗いです

実際もくらいです

ダウンライト取り付けで全体的に明るくなりました

一度リフォームされていたようでして

天井の下地が複雑・不規則で

たった4台のダウンライト取り付けでしたが

配置が難しかったです

 

 

 

間仕切り壁撤去とダウンライト取り付け工事

新築のタワーマンションで入居前リフォーム工事を行いました

 ご要望は

 ① リビングと洋室の間にある間仕切り壁を撤去し、広いリビングにする

 ② ダウンライト取り付けをする

 ③ リビングの壁に装飾パネルを貼る

以上3点でした

201642716500.JPG

 

新築ですので養生を特にしっかり行い

補修しやすいように慎重に解体を進めました

2016427165246.JPG

間仕切り壁撤去後のフローリング補修は最低限の補修に留め

コンセントやスイッチ・MMCは、将来再び間仕切り壁を復旧する事を想定し出来るだけ残しました

 

2016427165351.JPG

いかがでしょうか

フローリングの補修個所はほとんど気にならない程度に仕上がりました

2016427165545.JPG

ダウンライト取り付けは特に問題なく、既存の回路を転用し新設出来ました

梁底に新設したユニバーサルダウンライトは、普通のダウンライトより高さがありますので

梁内部のダクトとの空間の関係で多少手間がかかりました

201642716553.JPG

一番気を使ったのはリビングの壁に貼った装飾パネルです

素材は無垢の杉材ですが、無塗装の素地でしたので

将来手の脂でシミが出ないよう細心の注意を払いました

201642717229.JPG

壁とパネルの間にスキマがあり、パネルの厚さと合わせると25~30mm程度になります

既存のままスイッチを取り付けると

かなり深くなってスイッチを押す度にパネルに触れ汚れたり欠けたりするでしょう

それを防ぐためにスイッチやMMCを手前に見栄え良く出すのに案外苦労しました

 

後日、お客様がその一手間に気づいてくれて喜んでくれたのですが

私としてはその微妙な違いによくお気づきになられたと

逆に関心してしまいました

 

パネルの凹凸をダウンライトの光がいい感じで浮き立たせています

 

西新宿の高層タワー群に明かりが灯り夜景がとてもきれいです

高層タワーマンションでの工事は残業するとこういういい事があります

 

 

中央区 晴海の新築タワーマンションでダウンライトとモザイクタイル

中央区に出来たツインタワーマンションでリフォーム工事をしてきました

ご要望はダウンライトの取り付けとモザイクタイル貼りです

お仕事の都合で1日工事がご希望でした

 

リビングの照明にダウンライトを採用したいということでしたが、

すでにリビングからダイニングにかけて、壁面収納が設置されておりました

2016422151843.JPG

幅が小さめで奥行きが長い空間となっておりましたので

とりあえず既存のシーリングコンセント部分に

LED(白熱球100W相当)ダウンライトを3台ずつ取り付ける事にしました

暗ければあるいは配光が悪ければ、増設は後からでも簡単です

 

2016422152453.JPG

今日はモザイクタイル貼りの仕事の関係で遅くまで作業させて頂きましたので

暗くなってからリビングの感じを確認しましたが、この6台で十分な明るさでした

後付で良いところはインテリアの配置が決まってからダウンライトの位置が決められるところです

 

写真には写っていませんが手前の3台の下は幅2mのダイニングテーブルです

元のシーリングコンセントは一番手前のダウンライトの位置です

そこから窓側に2台を配置してテーブルのほぼ中央にもってくることができました

リビングのシーリングコンセントは真ん中のダウンライトになりました

これを中心にすることでスプリンクラー・給気口・感知器が等間隔で並びました

 

スイッチは

2016422153732.JPG

から

2016422153827.JPG

に変わりました

 

 

もう一つの作業は玄関ホールとトイレにモザイクタイルを貼るという作業です

2016422154037.JPG2016422154126.JPG

タイルのカットや接着状態を確認してからの目地入れ・・・

目地入れ後の拭き取り・・・

そしてコーキング・・・

 2016422154621.JPG

作業中、トイレは共用トイレをお使いいただきました

愛犬のトイプーちゃんはケージに軟禁状態で我慢していただきました

そんなこんなでいろいろご協力いただき

20時近くまで作業させていただき

なんとか1日で終わらせることが出来ました 

2016422154917.JPG

2016422155125.JPG

玄関ホールは天然石を割ったストーンモザイクです

薄い層になっていてカットするとポロポロ表面が剥がれてきて少々気を使う材料でした

トイレは小粒のガラスモザイクです

小粒なおかげでマズマズの割り付けで納まりました

やはりこの手のミラーは天井までの方がカッコいいですね

 

 

中野坂上のオフィスに棚取付

今日はちょっとした小仕事をしてきました

リフォームとも違う

家具工事とも違う・・・

なんとも微妙な工事

 

ある会社内に棚を取り付けてきました

古いマンションの天井をスケルトンにして

コンクリートを白く塗っただけのオシャレなオフィスでした

だからよくある家具として製作した吊戸棚より

このようなシンプルな棚が似合うんでしょうね

 

20157916504.JPG

初めは簡単な仕事だと考え、すぐに終わると思っていましたが

コンクリートにアンカー留めでしたので

その角度が少しでも手前に傾くと

棚板が壁から離れて隙間が出来てしまうのです

 

これはどちらかというと壁側に傾けて

強制的に棚板が壁にくっつく様にしないといけないんですね

 

手順はともかく、上手く出来たので まぁいいか・・・

 

 

 

日本橋のマンションのビルトイン洗濯機置き場の改造

先日に引き続き

今度は洗面台のカウンター下にあるビルトインドラム式洗濯機

これが壊れたら、ここに入る後継機種が無ければどうするの?

ということで、洗濯機スペースの改造をしました

20157917363.JPG

見た目はスッキリ納まっていて、すんばらしいのですが

これを改造して上手く行くんだろうか?

カウンターの人工大理石が綺麗にカット出来るんだろうか?

そんなふうに現地調査の時は考えていました

新築時のままにしては少々複雑な施工がされていて

どうしてこんなやり方を・・・と思いました

 

給水栓はここに付けて、ホースはここから出して

コンセントはここに付けて

ああやって、こうやってと いろいろ考え

結局何とかなっちゃいました

 

201579174316.JPG

終わってから考えてみたら

一番大変だったのは、既存の洗濯機を引っ張り出す事だったかな

なにせ重たいんです

横は壁で二人では作業しずらいし

 

そういえば、お客様は電動歯ブラシを

今度はどこへ置くのかな?

 

 

 

日本橋のマンションで間仕切り工事

リビング・ダイニングに続いた奥まった部屋

DENといったらいいんでしょうか

現在は書斎兼、納戸として利用していらっしゃるようで

201579171921.JPG

ここを引き戸で仕切りたいとうご要望にお応えしてきました

 

仕切る部分に跨る床暖房は無いようですし

床も水平が保たれているようですし

難しい作業ではなさそうです

 

 

出来上がりがこちら

写真の縦横が違うので分かりずらいですが

元々あったような出来栄え!

201579172356.JPG

難しい作業ではないが故

特に自慢げに書く事もなく ・・・・・

 

おしまい ⤵

 

 

ページ上部へ

リフォームのご相談はこちらからお気軽に

03-5683-2161

03-5683-2162

お問い合わせ